蜩の鳴きつづきをり光堂 (2020.9.27 神奈川新聞次点入選)

(評)奥州平泉の中尊寺光堂であろう。「蜩」が斜めの日差しを感じさせるこの句は、「五月雨を降り残してや光堂 芭蕉」よりも陰影の深い姿を思わせる。栄枯の時の流れをより深く感じるのである。(松尾隆信)

旅順とは同じ緯度なり棗の実 (2020.12.12 読売入選)

旅順開城約成りて で始まる佐々木信綱作詞の「水師営の会見」は、その2番で、庭に一本棗の木 と歌われ、旅順の棗は一躍有名となった。棗は挿し木で簡単に増やせるので、日露戦後、乃木にゆかりある地への移植が行われた。筆者の生まれ育った町は、乃木が初代師団長となった師団の司令部が置かれたところで、当然ながら旅順から棗が移植されている。左の写真は大きく育った旅順からの棗の木である。旅順と緯度を同じくする東北の都市では、茶器としての棗が特産品として作られている。これも不思議な縁のひとつである。

二人とは芋を掘る人蒸かす人 (2020.11.28 読売入選)

家庭の懐かしさとは、一人が芋を掘りそれを家に持って帰ると、もう一人の人がそれを待っていて、蒸かしてくれる、そうした関係性のある家であろう。筆者の家庭はそういう処であった。

何かやり残しありけり秋の浜 (2020.11.21 読売入選)

茅ヶ崎の秋の浜には流木が多く打ち上げられてをり、過ぎ去った夏の不完全燃焼の残骸のように見えてくる。渚を裸足で歩いても、梅雨時の浜のように、足底にしっとりとした大きな地球があることが感じられない。何となく不安定なのだ。これは、季節のせいなのか、歳をとったせいなのか、どちらであろうか。

吊し柿吉祥天のおはす寺 (2019.12.7 読売入選)

この句は、京都と奈良の県境(京都側)にある浄瑠璃寺を詠んだものである。この寺のことは、高校のときに堀辰雄の「浄瑠璃寺の春」を読んで以来ずっと気になっていた。堀は春に妻と訪れていて、馬酔木が可憐に描かれている。筆者もこの寺には家内を伴って訪れた。私たちの場合は、春と秋の二回であり、この句は秋のときのものである。幸運にも吉祥天がご開帳されていて、遠くからではあったが、平安美人のお姿を拝むことができた。柿は門を入って直ぐの受付の小屋の廂に吊るされていた。この土地らしい長閑な光景であった。

国境のなき大空や鳥渡る (2021.11.6 読売入選)

地上では、いつまで経っても紛争が止まず、アフガンや中東では難民が溢れています。鳥たちは、寒くなれば南に渡り、暖かくなれば北に帰っていきます。国境も偏見もなく、精一杯自由に生きています。鳥の方が人よりも、法(のり)の恵みを受けているのではないかと思います。

一湾の白き航跡鰯船  (2021.12.4 読売入選)

茅ヶ崎の主な水産物はシラスです。一艘の船による曳網漁法で、水揚げすると洗浄したあと、直ぐに氷で冷却し、鮮度を保つために 船はエンジンを全開し、航跡を作って漁港に戻ります。本句はそれを詠んだものです。句では、シラスを鰯に変えてみました。