大漁旗靡く小磯の帰り花 (2019.12.7 読売入選)

この句は、私の家内のものである。家内の実家は親潮と黒潮がぶつかるところの漁港に近く、ある年の正月、皆でその漁港に車を走らせ、正月の様子を見物に行った。折しも、多数の漁船が大漁旗を掲げ、湾内をデモンストレーションしているのに遭遇した。その思い出を詠んだ句である。この句は、図らずも、私の秋の浄瑠璃寺を詠んだ句と、読売で同時入賞となった。こういうこともあるのかと、感慨は大である。

通し矢の空を切り裂く寒九かな (2018.4.7 読売入選)

京都三十三間堂では、成人式の日に、その年成人を迎えた女性による通し矢の儀式が行われている。丁度この時期が、寒に入っての九日目となることが多く、この句を作った。茅ヶ崎での句会に出したところ、師匠からは、般若心経の空と色で以て、この句の空を解説してくださった。筆者はそれに悪乗りして、アインシュタインの E=mccの式を持ち出して、エネルギーと物質の関係の蘊蓄を語ってしまった。そんな経緯のある句である。

腑に落つる氷柱のオンザロックかな (2016.2.28 神奈川新聞入選)

寒冷地では、屋根に積もった雪が夜、室内の暖房の熱で溶かされ、朝になってみると、お化けのように巨大な氷柱が、軒に隙間なく垂れさがる。句意は、その氷柱をかち割ってウイスキーのオンザロックで頂くというものであるが、天然の味で、五臓六腑に沁み入るのである。

砲弾のごと白菜の並びをり (2020.2.1 読売入選)

筆者は15坪ほどの家庭菜園を営んでいる。茅ヶ崎での冬の野菜の定番は、大根と葱に白菜である。白菜はある程度の大きさになると、周囲を麦わらで縛り、全体が崩れないようにするのであるが、その形がいかにも砲弾と似ていて、この句を作った。

風花や牛の鼻面濡らしをり (2020.3.7 読売入選)

風花とは、山に積もった雪が、強い風に吹かれて、麓に舞い降りてきたものをいう。それが牛の鼻面を濡らすというものであるが、今では町で牛を見ることもなく、江戸時代的な想像句である。俳句では、このような季語もまだ残っており、それが俳句の魅力の一つであるともいえる。

億年の寒空を切る火球かな (2021.1.16 読売佳作入選)

(評)昨年は各地から火球の目撃情報が寄せられた。火球は小惑星のかけらなどが大気圏に突入して光る流れ星の中でも、特に明るく光る現象で、46億年前、太陽系ができたときに惑星になりきれなかった岩石だと言われている。(能村研三)

月天心素振る竹刀の切先に (2021.2.13 読売佳作入選)

(評)夜が更けて天の真上にかかっている月の光を浴びながら、剣道の素振りの稽古が続いた。素振りは剣道でも大事な練習で、時折竹刀の切先が煌々とした月に触れんばかりであった。(能村研三)

野うさぎの足跡果てず雪の原 (2021.2.20 読売入選)

筆者は今でこそ足を悪くし、歩くのも杖を必要とする身になってしまったが、かってはトレッキングを趣味としていた。冬場、ロープウエイで山に登り、スノーシューを履いてトレッキングするのであるが、新雪の上には、野うさぎの足跡がどこまでも続いていて、有限の世界に無限を感じさせるほどのものであった。

シクラメンまとふ光も春隣 (2021.4.3 読売入選)

筆者の家は、リビングが二重窓になっていて、ガラスとガラスの隙間には、冬であればシクラメンの鉢を置いている。二月ともなると、そのシクラメンに光が差し込むほどになり、いかにも光を纏っているように輝くのである。