祖母の雛滿洲國の番地あり (2019.4.6 読売佳作入選)

(評)祖母の雛人形を入れた箱だ。満州国の番地が記されていた。この人形は祖母と一緒に引き揚げてきたのだ。命に及ぶ危険な引き揚げの中でも雛人形だけは手放さなかった祖母。この雛人形を通して気丈な祖母を偲んでいる。 (辻桃子)

箸墓に眠る人あり桃の花 (2021.4.18 神奈川新聞入選)

箸墓の近くにある纏向遺跡からは、炭化した大量の桃の種が発掘されている。桃は古代中国の神仙思想と結びついた植物であった。巫女的存在の卑弥呼。大量の桃の種の発掘は箸墓に眠る人が誰であるかを、強烈に暗示している。

航跡の白き対馬の卯浪かな (2019.6.22 読売佳作入選)

(評)対馬の海岸に卯浪が寄せている。沖をゆく船の航跡がことのほか白い。対馬は古くから大陸との往来の要衝の島。船の航跡の白さに、かって行き来した船を思ったか。沖の航跡と寄せる卯浪と。大景を詠んで気持ちがよい。 (辻桃子)

雷鳥のつがう縄張り青き踏む (2021.5.2 神奈川新聞入選)

3年前、GW中に子供たち2家族と総勢8人で、長野から黒部を越えて富山へと抜ける旅をしたことがあった。称名の滝と呼ばれる全長500mの雪解け水を集めた滝が壮観であった。掲句は、孫たちが成長した今、もう一度総勢8人での旅行を企画していた時に詠んだものである。企画はコロナのために実現しなかった。

七歳と喜寿のラインや春の暮 (2021.5.15 日経三席入選)

(選者のひと言)ラインでつながる作者とお孫さんのこころ。至福の刻。(黒田杏子)

五月雨を集める滝や酒仙境 (2013春 茅野市俳句募集入選)

茅野市の南に、多留姫文学自然の里と呼ばれるエリアがある。一帯は散策路が設けられていて、芭蕉をはじめ多くの歌人俳人の作品の石碑が建立されていた。多留姫の滝と呼ばれる滝があり、折からの雨を集めて轟音を発していた。滝を眺める処に古びた東屋が建っていて、脇に投句箱が置かれていた。掲句はその時の投句が入選したものである。

春の水美味し甲武の分水嶺 (2021.5.22 読売入選)

過日、深谷の渋沢記念館を訪れた。この句はその折のものである。秩父には関東に流れる荒川と甲州盆地に流れる笛吹川がある。その境目が分水嶺であり、昔より、分水嶺の水は美味いと言われていた。よって、分水嶺の近くには多くの酒蔵が並んでいた。水も美味いが酒も美味い、この句はそうした事情を詠んだものである。

満ち潮に運ばる春の大夕焼 (2021.6.6 神奈川新聞入選)

サイクリングで頻繁に訪れるところが、相模川の堤防である。ここは汽水域になっていて、満ち潮の時は海水が波を立てて川を遡っていく。そこに海に沈んでいく夕陽が当たると、あたかも波が光を運んでいるようにみえる。赤い夕陽で空と海と河が繋がっているように見えるのだ。